痩せたいなら体の冷えをどうにかした方がいいの?

体が冷えていると脂肪がたまりやすい?

冷え性と肥満体質は、実は密接に絡み合っているんですよね。体温がわずか1度でも下がると、その人の基礎代謝がガクッと落ちることがわかっています。数字にすると約12パーセントと言われていますが、決して無視することができない大きさですよね。基礎代謝が鈍るとその分、脂肪が燃えにくくなるので食べ過ぎていなくても太りやすい状況に陥ってしまいます。肥満以外にも免疫力が低下するので病気になる確率があがることになりますし、血管が収縮することで血行不良に悩まされることも…。血流量が悪くなると、身体のめぐりも悪くなって老廃物が溜まりやすくなったり、栄養が血液と一緒に体の隅々に運ばれにくくなるので、薄毛や抜け毛を招くことにもなりかねません。体の冷えは色々なデメリットがあるんですね。

体を温めてリパーゼに活躍してもらおう!

冷えからくる数々の不調や肥満をどうにかしたいなら、自分の体を温めて冷やさないようにすることが大事です。脂肪を分解する働きを持つ酵素にリパーゼというものがありますが、この酵素は体温が36.5度以上まで高まると活発に働くようになります。バスタイムには熱々のお湯ではなく、ぬるめのお湯にゆっくりつかって体を芯から温めるのがおすすめです。スパイスや生姜など、体を内側から温める食品も日々の食生活に取り入れるようにしましょう。ウオーキングやヨガなどの適度な運動を始めるのも効果があります。急に運動をするとケガをしやすいので、徐々に慣らしていくのがコツです。

品川美容外科の提訴について詳しく